Sanghee Lee.jpg 

私たちの学校では、金曜日の夕方から、いつもスポーツアクティビティーが行われます。 この時間は、運動が好きな私にとって、ゴールデタイムです。 その私の心を知ってか知らずか、学校でスポーツ大会を行うという知らせが入ってきました。その時から、私の興奮は止まりませんでした。 今の時期は私の大学でもスポーツ大会が行われる時期だから、私の運動細胞もうごめくのか…ついにスポーツ大会当日!! 5月のフィリピンの天気は、韓国の夏とは、比較にならないほど暑いです。 強く照らされる暑い太陽の下、運動することを考えたら、心配の方が先立ちました。 たぶん、全ての学生たちが同じ思いだったと思います。 それでも、運良く、私たちは日陰に座り、簡単なゲームでスポーツ大会が始まりました^^ 寮別でチームを分けて、競技を行いました。 英語寮2の学生たちは、みんなで応援道具を準備して来て、団結の姿が見えました。 反対に、私たちのチームは、口数が多く、にぎやかで、クイズゲームでは夢中になり、どこのチームよりも積極性は見えました(笑) 韓国相撲は男性だけが競技を行い、追加ゲームでは各チーム別に女性が二人ずつ出てゲームを行いました。英語寮のJennyが細い体でおばさんの先生までも全ては跳ね倒し、会場から歓声をもらいました。 反対に、私たちのチームのDark HorseだったDKは、誰にも攻撃していないのにもかかわらず、自らこけてしまい、その姿にみんな爆笑でした(笑) 院長が、強く推薦していたキックベースでは、フィリピン男性たちの空車機実力に完全に私はdisappointmentしました。爪でボールを蹴っているようでした。 そして、チームバレーでは、老長の闘魂を発揮したCloudおじさん?お兄さん?を忘れることが出来ません。スプーンで作ったようなサングラスをつけて、完全集中する姿を(笑) ドッチボール国家代表選抜大会があったら、予選通過だけするような実力だったけど、ゲームに望む姿勢はすでにプロ顔負けでした。 私は、大縄とリレーに出場し、2つとも優勝しました。 私が、うまくやったというのではなく、チームのメンバーのおかげです。 夕日が沈んでいくことも知らず、競技は続けられました。 優勝チームを決定する頃、盛り上がりは絶頂を向かえました。 私が所属する英語寮は、ほとんどの競技で、勝利していたため、当然、優勝は私たちのものだと確信していました。 But!突然、強くて、かっこいい男、英語寮2のマネージャーベンジャミンが、服を脱いで、かなり強いアピールをしたために、いきなり英語寮2が優勝しました。 私たちの楽しいスポーツ大会はここで終わりました。 この楽しい雰囲気のまま、深夜、学校で準備した焼肉パーティーが続けて行われました。 スポーツ大会の後に続く、焼肉パーティーとは…なんと素晴らしいアイディアなのかと感動しました。 なぜなら、運動後の焼肉とお酒は、私が大好きなコースだからです。 全ての学生たちと先生たちが、学校の前の中庭に集まり、お酒を飲みながら、焼肉を食べ、スポーツ大会の雰囲気をそのまま続けました。 学校で、このような行事を進行して下さり、感謝するばかりです。 ‘夜が更けていくことが残念だ’という表現は、このような時に使う言葉なのかな? 今日が終わってしまうことを、本当に残念に思う私たちは、1次として、学校で焼肉をおなか一杯食べ、2次として、近くの韓国食堂に行って、豚足を食べて余暇を楽しみました。