HOME > フィリピン留学の基礎知識 > フィリピン留学の自由日の強い味方!?長距離バスについて

16.jpg 26.jpg

フィリピン留学の自由日の強い味方!?長距離バスについて

留学期間中のレッスンは週5日が基本ですから、残り2日はフリーの日となります。当然、滞在先の寮周辺だけで過ごすのもいいですが、たまには遠方まで足を伸ばしてみるのも気分転換になっていいでしょう。

どこかに出掛ける際、近距離ならタクシー利用という手もありますが、遠方まで行く際は格安な長距離バスの利用をしてみるのもいいですね。
長距離バスは首都マニラからあらゆる方向に向けて運行されていますので、使い慣れるとかなり便利なんですよ。

フィリピンの長距離バスにはノーマルバスとデラックスバスの2タイプがありますが、日本人におすすめなのは絶対にデラックスバス。なぜならノーマルバスは「ほとんどがトイレなし、冷房が効かないバスもある、さらにバス停以外のところでも乗客が乗ってくるのであちこち止まり、効率が悪い」というデメリットがあるからです。

デラックスバスなら基本的にはトイレつきだし冷房もバッチリきいていますし、途中で余計なところに停車することもありません。ノーマルバスとデラックスバスの価格差はおおむね数百円レベルなので、このくらいの金額差なら快適さ重視でデラックスバスを選んだほうがいいというわけです。

ただし、デラックスバスにおいても、注意すべき点がひとつあります。それは・・・「冷房がききすぎて車内が寒い可能性大」ということ。お国柄なのか、冷房を過剰にきかせているケースが多いんですよ。ですから薄手のジャケット等、ちょっとした防寒に役立つものを忘れないようにしておきましょう。

また、長距離バスのバスターミナルにおいては、客待ちのタクシーが多数待ち構えていることも多いですが、こうした客待ちタクシーは高い値段をふっかけてくる可能性もありますので、自分の足でバスターミナルを出てから、流しのタクシーに乗るほうがおすすめです。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。