HOME > フィリピン留学の基礎知識 > 快適な留学・学習環境をつくるダンドリ

9.jpg 10.jpg

快適な留学・学習環境をつくるダンドリ

楽しい留学体験記やお役立ち情報は、インターネットや書籍でたくさん出ていますが、いざ現地で生活する留学生にとっては使える情報かどうかが生命線になるときもあります。生活情報や留学の目的に直結する学習環境に直結するアイテムは、直前までに一度は最新情報をチェックしましょう。

生活情報チェック

自分に快適な留学・学習環境は、自分でつくるのが一番です。また、インターネットや出版物では情報の新しさや正確さが確認できないものは、一度は最新情報を確認しなおしておきましょう。
・物価
・通信環境・通信機器
・交通
・地域情報(学校・居住・滞在・渡航先)
フィリピン政府観光局公認の留学普及協会などでは、生活から学習環境まで無料で相談・問い合わせが可能な窓口がありますので活用しましょう。

インターネット環境チェック

市街地では(地域差あり)インターネット環境はある程度整備されています。ただし、回線速度や接続環境は最新情報をチェックし直しましょう。フィリピンの学校に問い合わせるときなどは、「アメリカや日本のニュースやテレビ番組を動画配信で観られますか」「インターネットでビデオチャットできますか」など具体的な形できくとスムーズに答えてもらえます。フィリピン市街地の店舗などには無料のWi-Fiスポットや「インターネット屋」と呼ばれるインターネットカフェのような店があります。

英語学習の必需品チェック

・パソコン:一週間以上滞在なら持参がおすすめ。学校のPCは順番待ちなどで利用できないこともある。
      ※現地はWi-Fiなど無線インターネットアクセスのある場所も多いため、短期でもモバイルPCを持参して
       講師から使えるWebサイトを教えてもらったり、Facebook交流や音声教材を使うために持参した方がい
いという留学経験者もいます。
・携帯:長期滞在者は3000円程度で機器代・キャリア契約登録ができ、通話・SMS利用可能。
・電子辞書:、英英、和英、英和の3タイプ搭載の電子辞書が入っているものがおすすめ。フィリピン人講師はオクスフォードなどメジャーな英英辞典を使えるので一緒に見て確認もできます。日本についての質問などに対応するため広辞苑等があると便利だという留学生もいました。
・文法テキスト:学習のお供に必須。逆引き(巻末索引付きなど)しやすく、使い慣れているかページ数が少ない一冊まとまったものがいい。今日習った表現がどのあたりか頭の整理をしながら復習できる。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。