Jasmin_jp.jpg

フィリピン留学 C21英語学校 - Jasmin's experience

Jasmin

今でも鮮明に覚えている。

夜も明けて間もないころ、空港に到着し、バンに乗り、寮に到着した時の気分、

あぁ、これから本当に始まるんだなぁっと…。

私が住んでいた寮はED2だった。

自分のイメージとは若干違っていたが、ED2の特徴で家族のような雰囲気と英語と親しくなれる、完璧な環境だった。

3時間のman to man classと3時間のgroup class、一日一日発展していく

私の英語実力を確認することができ、初めは8週の課程で来て、少し不足だと感じ、

延長することを決めた。それで正確には、3ヶ月間。5月28日から8月20日まで、

私の人生において、忘れることの出来ない経験をすることが出来た。

ただ英語の勉強をするだけなく、海外ボランティア活動とさまざまなアクティビティー活動を通して、たくさんのことを感じることができた。不足なwriting部分も義務的に書かなければならないdiaryのおかげで、writing skillもかなり向上させることが出来た。

Speakingと reading skillも、もちろんとても伸びたと思う。

ここフィリピンに来る前に英語の勉強をおろそかにしていた、とにかく準備も出来ないまま来たけれど、3ヶ月過ぎた私の姿を見ながら、誰でも英語との壁を崩したい人ならば誰でも挑戦したら、いくらかは成功するものだと信じる。

もちろん、ここに到着したと同時に、勉強を疎かにしてはいけないけれど、

だから、まだ完璧に出来ないけれど、たくさんの発展があったと信じるのとは逆に

便利な全てのものを放棄してここに来て、勉強したことに関する後悔もなく、4週延長したことに関しても、まったく後悔ない。もう少し一生懸命していたらということに関しては後悔が少し残る。 

ここC21に来て、英語の実力はもちろん、たくさんの終了証と経験たちを持って帰るけど、先生たちと一緒にやったさまざないい記憶たちも忘れられないと思う。3ヶ月という期間、本当に家族のように過ごしたので、離れるのがとても残念でならない。とにかく、今まで一緒にやってくれた友達と、先生方と、マネージャー全ての方を忘れることが出来ないと思う。そして、本当にいい経験、いい思い出を持って帰ることが出来ることを本当に嬉しく思う。