HOME > フィリピン留学の基礎知識 > フィリピン留学、どの地域がおすすめ?

27.jpg 16.jpg

フィリピン留学、どの地域がおすすめ?

「英語習得のためにフィリピン留学をする」と言っても、フィリピン国内で留学を受け入れている地域はたくさんありますので、その中でどれを選べばいいか?というのは迷いどころですよね。

ちなみにフィリピンでの留学先として特に人気なのは、首都であるマニラ、ビーチリゾートで有名なセブ、高地にあるバギオです。

この3つの地域について、それぞれメリットとデメリットを簡単にご説明しましょう。

まず、首都マニラのメリットは、なんといっても首都だけに利便性が抜群であること。さらに遊べるスポットも多いので、「英語習得の時間以外はめいっぱい楽しみたい」という人にはうってつけでしょう。

ただし都会だけに物価が高く、さらにスリなどの軽犯罪も他地域に比べると多い、というデメリットもあります。ただ、それはメトロマニラの中でもマニラ市とういうところの場合で、C21英語学校が立地するケソン市など比較的安全なところもあります。

次に、セブのメリットは、リゾート気分も味わえるということ。また、リゾート地で多くの外国人観光客が来るだけに現地の人は「外国人慣れ」いる分、話も通じやすいし過ごしやすい、というメリットもありますね。
今のところ、日本人のフィリピン留学における人気ナンバーワンの地域は、このセブとなっています。

ただし、セブもリゾート地だけに、ビーチが好きな人はサーフィン等に没頭してしまい、英語習得がおろそかになりやすいというデメリットもありますので、自己管理が苦手な人は避けたほうがいいでしょう。

マニラやセブのような「遊びの誘惑」を断ち切って英語習得に集中したいのなら、高地にあるバギオがおすすめです。高地にあるだけに涼しくて快適に過ごしやすく、さらにマニラと比べると物価も安い。「格安で英語をしっかりと身につける」という目的達成のためには最適の地域であると言えます。

ただし、バギオは「雨季の利用はおすすめできない」というデメリットがあります。パギオから他都市につながる道路の状態があまり良くない上に霧が濃いので、交通事故のリスクが高くなります。
さらにバギオの雨季は湿度が高いのでカビが発生しやすいという問題もありますね。ですからフィリピン留学をバギオでやるなら、絶対に乾季を狙うのがおすすめというわけです。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。