HOME > フィリピン留学の基礎知識 > フィリピン留学はマンツーマンレッスンが基本!

6.jpg 5.jpg

フィリピン留学はマンツーマンレッスンが基本!

フィリピン留学の大きな魅力のひとつとして「マンツーマンレッスンが基本なので、周りを気にすることなく自分のペースで英語習得ができる」という点があります。

もちろん、日本国内においても英会話教室でマンツーマンレッスンのコースはありますが、その多くがしょせんは「週1回40分レッスン」という、低頻度短時間のレッスンですから、マンツーマンであっても結果を出すまでにはかなりの期間を要することになってしまいます。

では、アメリカへの留学はどうなのかというと、これは人件費等の関係もあって、「毎日長時間みっちりとマンツーマンレッスンができる」というものは非常に少なく、多くは「生徒15人前後に対して講師が1人」という感じのグループレッスン形式となっています。

これではどうしても生徒は「講師の話を聞く」という聞き役に回る時間が多くなり、生徒が自分から英語を話す、という機会はあまり持てなくなってしまいます。それでももちろん何もやらないよりはずっと効果的でしょうが、やはり「密度の濃い英語レッスン」とはなりにくいので、期間の長さの割には得られる成果がイマイチ、という結果になることも少なくないのですよ。

その点フィリピン留学の場合は、人件費の安さを最大限に生かし、格安で「みっちりマンツーマンレッスン」が受けられるという絶好の環境があるわけです。

ただ、マンツーマンレッスンとなると「もし講師と相性が悪かったらどうしよう」「続けているとマンネリになるんじゃないか」という不安もあると思いますが、多くの学校ではマンツーマンレッスンにおいて「1時間ごとに講師が入れ替わる」というスタイルをとっています。

ですから1日6時間のレッスンがある学校の場合、1日で6人の講師と会話をすることになります。これなら相性の心配も、マンネリの心配もいりませんね。

ちなみに「マンツーマンレッスンが基本」と言いましたが、「絶対にマンツーマンレッスンのみ」というわけではありません。ほとんどの学校ではグループレッスンも取り入れています。マンツーマンレッスンで英会話の基礎を身につけたら、より多くの人と接することができるグループレッスンも取り入れていくのもいいでしょう。

学習内容の個別相談が可能な学校も多いので、「そろそろグループレッスンを入れたい」などという個人の希望に対する融通もききやすいですよ。
学校も定期的なレベルチェック等をした上で、あなたに適したカリキュラムを提案してくれますから、自分の希望とあわせて理想的な英語習得環境を作り上げましょう。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。