HOME > フィリピン留学の基礎知識 > フィリピン留学は、まずは「1ヶ月分の申し込み」から!

7.jpg 8.jpg

フィリピン留学は、まずは「1ヶ月分の申し込み」から!

フィリピンの学校へ申し込みをする際に、絶対におすすめしたいのが「たとえ長期間じっくり学ぶつもりであっても、まずは1ヶ月分だけの申し込みにしておく」ということ。

これはなぜかというと、「語学学校とのミスマッチなど、失敗した場合のリスクを最小限にするため」です。

いくら事前にいろんな情報を調べても、情報はあくまで情報、実態と同じとは限りませんし、情報取得だけでは分からないこともたくさんあります。だからこそ、実際にフィリピン留学がスタートしてから「こんなはずじゃなかった」となってしまった場合も、1ヶ月契約なら「2ヶ月目からは別の学校に変える」という臨機応変な対応も可能になるというわけです。

多くの学校では長期割引制度をもうけていますので、「3ヶ月滞在するんだから、最初から3ヶ月申し込みしておいたほうがお得」と思って期間いっぱいの長期申し込みをする人も少なくありません。
しかしこうした長期契約は、もし他の学校に変わりたいと思って中途解約をしようと思っても、「中途解約で戻ってくるお金はごくわずかだった」など、いざという時は大きな金銭的リスクを抱える側面もあるということは理解しておきましょう。

フィリピン留学の前にやっておいたほうがいいこと

フィリピン留学は「超初心者でもOK」なのが大きなメリットですが、では実際のところ「事前に英語の勉強をまるでしなくても大丈夫なの?」というと、「それでも英語習得は可能だけど、最初のレッスンの効率が悪くなる」という感じです。

どういうことかというと・・・いくら英語の超初心者であっても、「中学英語レベルの文法」くらいは勉強し直しておいたほうがいい、というわけですね。

どこで英語を学ぶにしても、初歩の初歩の文法を最初から教わるのには、やはりそれなりに時間がかかります。そもそもフィリピン留学の目的は「英会話ができるようになること」ですよね。だからこそせっかくのレッスンは、できれば全部を「会話上達」のために費やしたいもの。

せっかくのマンツーマンレッスンで、「英語の授業を聞くような文法の勉強」をするのは、時間的に非常にもったいないことなのです。
文法の勉強というのは基本的に「聞く一方」になりがちで会話がほとんどできませんから、これをフィリピン留学中に学ぶのは「せっかくの、講師とマンツーマンで話せる機会をドブに捨てるようなもの」と言っても過言ではありません。

何も「難しい文法を覚えなさい」というわけではありません。中学生向けの英語テキストでOKなので、「事前準備」としてぜひ文法を勉強しておいて下さい。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。