HOME > フィリピン留学の基礎知識 > フィリピンで世界標準のリゾートビーチや隠れた自然の美しさを味わう

42.jpg 35.jpg

フィリピンで世界標準のリゾートビーチや隠れた自然の美しさを味わう

フィリピンには、有名なセブの他に日本ではあまり知られていないボラカイ島、パラワシ島などの世界的な評価の高いビーチリゾートや7109の島々に隠れた美しいビーチがいくつもあります。

BMWのトロピカル・ビーチ・ハンドブックの投票で「世界最高のビーチの一つ」に輝いたボラカイ島には、イギリスのテレビにも取り上げられてから世界中のダイバーにも有名になった20をこえるダイビングスポットを目当てに訪れるダイバー、観光客が訪れます。レストランやバー、ダイバーショップやタトゥサロンなど観光ショップの他に、銀行、警察、消防署などの公共施設やインフラ設備も整っています。

エコツーリズムで知られるパラワシ島は、世界遺産(自然遺産)に登録されているプリンセサ地底河川国立公園やトウパタハ岩礁海中公園の他に、島全体が可能なかぎり熱帯雨林・密林に覆われた高地特有の貴重な自然資源が残されている美しい島です。北部にある工ルニドは、大理石でできた数十の島々の景観と白砂のビーチで知られており、周辺リゾーへの移動も便利な発着港があります。周辺にある大小無数の島々と海域には、豊かな漁場とダイバースポットで知られる力ラミアン諸島はダイバーや観光客に隠れた高級リゾートとして人気が高く、また、日本人には太平洋戦争中の日本軍の沈没船が多いことでも知られています。

留学生の中には長期滞在のリフレッシュや短期滞在中の休暇・前後の予備休暇をつくってリゾート滞在を楽しみ、勉強のモチベーション管理や気分転換に利用する人が増えており、スキューバダイビングのライセンス取得に挑戦する人もいるようです。

フィリピンの世界遺産と隠れた秘境巡りで、グローバルな感度を高める

フィリピン・コルディリェーラの棚田群は、ユネスコの危機遺産に指定されている世界遺産としても知られています。現地のイフガオ族が2000年以上かけて急斜面に開墾してつくられた250平方キロメートルにもおよぶ壮大な棚田は「天国への階段」と称される美しい絶景です。

世界遺産の魅力は、単に観光スポットを歩いて景観や歴史を堪能するだけではなくなりつつあります。複雑な国際社会の問題にさらされている世界遺産・危機遺産の問題を美しい自然・文化遺産を巡りながら国際感覚を養うことができます。ある程度の会話力と好奇心があれば、現地で意識の高いガイドや地元の人たちと対話するだけで今アジアや国際社会の中で起こっている様々な出来事がどのように世界遺産やフィリピンの文化・自然に影響を与えているのか現地で実感できます。

日本人留学体験者が体験記などでおすすめしているサガダは、ライステラスから雨期には通行禁止になる整備されていない道路を数時間移動する秘境にある洞窟探検スポットです。滞在時期や事前確認を充分行いリスクを知った上で行動する必要があります。







new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。