HOME > フィリピン留学の基礎知識 > 短期フィリピン留学で成果を出すために

22.jpg 24.jpg

短期フィリピン留学で成果を出すために

留学というと、短くても3ヶ月、長いと半年や1年など、かなりの期間を要するイメージがありますよね。

当然ながら、仕事を持っている人は、「そんなに長い期間休めない」という事情があると思います。そんな場合は1週間~2週間の短期フィリピン留学を検討してみるのもいいですよ。

その際の注意点は、「滞在期間が短い分、1日のレッスン時間を通常よりも多めにとる」ということ。とはいえ自習の時間も必要なので10時間以上はおすすめしません。8時間くらいがベストでしょうね。

週5日・1日あたり8時間レッスンの場合、1日のレッスンは50分×8時間で400分となりますので、1週間だと2000分。

これは、「週1回・40分レッスン」の1年分の分数に相当します。1週間集中してレッスンを頑張るだけで、日本で英会話教室に1年間通うのと変わらない時間のレッスンが、しかもマンツーマンで受けられるわけです。これだけでも行くのと行かないのとでは、ずいぶん違ってきますよ

もちろん、この短い期間のレッスンの内容をみっちり濃いものにするために、事前に文法を覚えておいたほうが好ましいのは、言うまでもありません。





new_main_jp_81.jpg

new_main_jp_86.jpg

new_main_jp_89.jpg

XE Login

ブラウザを閉じてもログイン状態が維持されます。

ログイン維持機能を利用すると、次回からログインする必要がなくなります。

ただ、インターネットカフェ、学校など公共場所で利用する場合、個人情報が流出する恐れがありますので、必ずログアウトして下さい。